掲示板
養蜂・文明開化
ブログ(テスト中)

リンク

日本山海名産図会 巻之二  (蜜蜂より)
書圖:法橋關月  寛政十一年(1799)

◎蜂蜜  一名 百花精(ひやくくわせい) 百花蕊(ひやくくわずい)
○凡そ蜜を(かも)する所、諸国皆有中(しょこくみなありなか)にも紀州熊野を第一とす。
藝州是に()ぐ、其外(そのほか)勢州、尾州、土州、石州、筑前、伊豫、丹波、丹後、出雲などに昔より(いだ)せり。
又舶来の蜜あり下品なり、是ハ砂糖又白砂糖にて製し、是を試るに和産の物ハ煎じれば蜂おのずから(あつま)り、舶来の物ハ(あつま)ることなく此れをもって知る。

図:熊野蜂蜜
日本随筆大成刊行会発行 日本図会全集より

○蜜ハ夏月(なつ)蜂の()(うち)(たくハ)つて(おの)が冬籠りの食物とせんがためなり。
一種人家に自然に()を結び其中に貯ふ物を山蜜といふ。又大樹の洞中に()を結び貯ハふを木蜜(きみつ)といふ。
以上熊野にてハ山蜜(やまみつ)といひて上品とす。又巌石間中(いわほのうち)に貯ハふ物を石蜜(せきみつ)(いう)
又家に(かう)て採る蜜ハ毎年()()り去る故に気味薄く、是を家蜜(かみつ)といふ。
()
を炎天に乾かし下に器を()けて解け流るゝ物をたれ蜜といひて上品なり。漢名生蜜(せうみつ)
一法、槽に入れて火を(もつ)て焚きて取るなり、但し火気の文武毫厘(ぶんぶかうり)の間を(うかがふ)こと大事なり。
()を取り(ついや)し蜂の子ともに研水(すりみず)を入れ煎じて絞り採るを絞りといふ。[漢名熟蜜]
凡そ蜜に定る色なし、皆方角の花の性によりて数色に変ず。

◎蓄家蜂(いえにやしなふハち)
家に(やしな)わんと欲すれバ、(まづ)桶にても箱にても作り。
其中
(そのなか)
に酒、砂糖水などを(そそ)ぎ蓋に孔を多くあけて大樹の洞中に結びし巣の(かたわら)に置けバ、蜂おのずから其中へ移るを持帰りて蓋を(あら)ためて簷端(のき)(あるひ)ハ窓下に懸置(かけおく)なり。
(この)
箱桶(はこおけ)の大きさに規矩(きく)なり、されども諸州等しからず。
(まづ)
九州邊一家(きうしうへんいつか)(ハう)を聞くに、箱なれば九寸四方、竪弐尺九寸にして是を竪に(かく)るなり。
(あるいハ)
斜横(ななめよこ)蓄家(やしなふいえ)の考なり。
其箱の()()のある物を()ミて、かならず松の古木を用ひ、是又鋸のミにて鉋に削ることを()む。
板の厚さ四歩(ばかり)両方の耳を随分かたく造り、つよく縄をかけざれば後にハ(はなはだ)重くなりて、おのずから落損(おちそん)ずることあり。
戸は上下(うえした)二枚にして下の戸の上に一歩八厘、横四寸(ばかり)隙穴(ひまあな)を開きて蜂の出入の口とす。
(もし)
一、二厘も廣く(あく)れバ、山蜂(など)(ひま)より(うかがひい)て大きな蜜蜂を擾乱(じょうらんす)
又大王の(いづる)にも(この)穴よりも(およそ)(ちいさ)き物也。箱の数ハ家毎に三、四を限て其余(そのよ)ハ隣家の軒を所々借て(やしなふ)

◎造脾(すをつくる)
尋常(よのつね)()(つりかね)の如き物にあらず。
穴も下に向ふことなく、只箱一はるに造り、穴ハ横に向かふて人家の(はた)の家の如し。
(まづ)
箱の内の上より半月(はんげつ)の如き物を造りはじめ、(つい)いで下一はひ両脇共に(みた)しむ。
其厚さ凡そ壱寸八歩、(あるひハ)二寸(ばかり)。両面より六角の孔数多(あまた)を開き、柘榴(ざくろ)の膜に似て孔深さ八、九歩(かく)のごとき物を幾重も(つく)りて其()と脾との(あいだ)(わずか)人の指の通る程(づつ)(ひま)なり。
蜂其隙に入にハ下より(くぐる)なり。全躰()を下迄ハ(みた)さずあれバなり。
()
の形、或ハ正面、或ハ横斜などにて大低同じ、其孔にハ子を生み、又蜜を貯へ、又子の食物の花を貯ハふ。又子成育して(とべ)て出入するに及べは、其跡の孔へも亦蜜を貯ハふ。
凡そ蜜はじめハ甚だ淡しき露なり。吐積(はきつ)んで日を経れバ甘芳(かんハう)日毎に進こと(まこと)に人の酒を(かも)するに等し、既に露孔(つゆあな)(みつ)る時は、其表を閉じて一滴一気を洩らすことなし。蜂の数多ければ気味も厚し。
○蜂ハ小なり大きさ五歩(ばかり)、マルハチに似て黄に黒色(こくしょく)(おぶ)。
多群(おゝくあつまり)
て花をとる物ハ巣を(つくら)ず。巣を造ものハ花を採らず。時々入替りて其役をあらたむ。
(それ)
が中に蜂王(だいわう)といひて大きなる蜂一ツあり。其王の居所は黒蜂の巣の下に一臺(いつたい)をかまふ、是を(うてな)といふ。
その王の子ハ世々継て王となりて、元より花を採ることなし。毎日群蜂輪値(かわりばん)に花を採りて王に供す。
一桶(ひとおけ)一个(ひとつ)のミなるに、子を産むこと雌雄なる物に同じ、道理においては奇異なり。
群蜂是に従侍(じゅうじ)すること(まこと)玉體(ぎょくたい)(むかう)がごとし。又黒蜂十(ばかり)ありて是を細工人(さいくにん)と呼ぶ、孔口を守りて衆蜂(しゅうハう)の出入を(あらため)(もし)花を持たずして孔に入らんとするものあれば、其懈怠(けだい)を責めて敢えて()ることを許さず。
若再三に怠る者ハ遂に螫殺(さいころ)して軍令をおこなふに異ならず。凡そ家にあるも、野にあるも儀においてハ同じ。

◎頒脾(すわかれ)
大王の子成育に至れバ飛んで孔を出るに、群蜂(なかバ)従がふて(あたか)も天子の行幸(みゆき)のごとく擁衛(ようえい)甚厳重なり。
飛行(とびゆく)こと大低五間より十間の程にして木の枝に取附バ其背、其腹に重り留りて枝より垂れたるごとく一団に凝集(こりあつま)り大王其中に種のごとく(つゝ)まる。
(やしなふ)
人是を(おふ)て袋を群蜂の下に()けて、羽箒(はばうき)を以て枝の下を掃がごとくに切落せバ一団のままにて其袋中(たいちう)へおつる。其音至て重きがごとく。
今世、此の袋を(かご)にて作りて衆蜂の気を洩らさしむ、わるくてハ蜂死すること多し。
是を用意の箱に移し(やし)なふを()わかれといふて人の分家するに等し。
若其一団の袋へ(おつ)るに早く飛放(とびはな)る者ありて大王の従行(じうぎやう)に洩れて其至る所を知らば、又(もと)の巣へ飛帰る時ハ衆蜂敢えて孔に入ることを不許(ゆるさず)争ひ起て是を螫殺(さしころ)し其不忠を正すに似たり。
見る人慙愧(ざんき)して歎涙(かんるい)を流せり。又八ツさハぎとて昼八ツ時にハ衆蜂不残(のこらず)桶の外に現はれて(やや)羽根を鳴らすことあり。三月(ころ)蜂の分散する時、(かの)王一群ごとの中に必ず一ツあり。
巣中に王三ツある時は群飛も(みつ)にわかる。
其の時(やし)なふ人、水(そそ)ぎて其(つばさ)湿(うるほ)せば蜂(ほか)へ分散せず皆元の器中(きちゅう)(かえ)る故に年々(としとし)(やし)なふといへり。

◎割脾取蜜(すをきりてみつをとる)
是を採るにハ蕎麦の花の(しぼ)む時を十分甘芳(かんハう)の成熟とす。採らんと欲する時ハ(まづ)蓋をホトホト叩けバ蜂皆()の後に(うつる)。其時巣の三分の二を切採(きりとり)三分が一を残せバ(ふたたび)其巣を(おぎなひ)(もと)のごとし。
かく(とる)こと幾度(いくたび)といふことなし。冬に至れバ()ともに煎じて熟蜜とす。
○一種土蜂と云て大きさ五分(ばかり)、土を深く穿(うがち)其中に()を結ぶ。
是にも蜜あり、南部是をデツチスガリといふ。但しスガリは蜂の古訓なり。古今集離別に 『すがるなく秋の萩原あさたちてたび行く人をいつとかまたん』。
深山崖石上(ミやまかいせきじやう)に自然のもの数歳(すさい)を経て(すでに)熟する物あれバ土人長き竿をもつて刺て蜜を流し採る。
或ハ年を経ざるものも板縁(はちのふち)取れり。凡そ箱に(やし)なふもの絞り蜜ともに二十斤[百六十目 一斤]蜜蝋二斤を得るなり此二斤のあたひを以て桶箱修造(おけはこしゆざう)の費用に(あてて)足れりとす。

◎蜜蝋(ミつらう)
黄蝋(わうらう)といふ物にて(すなわち)蜂の()なり其()を絞りたる(かす)なり。
蜜より蝋を取るにハ生蜜(たれみつ)(とり)たる後の蜂の巣を鍋に入れ、水にて煎じ(わき)たる時、別の器に冷水を盛りて其上に(いかき)を置きかの煎じたるを移せバ(かす)(いかき)に留まりて蝋ハ下の器の水面に浮かふ。
(それ)
を又陶器(やきものうつわ)に入れて重湯(ゆせん)とすれば自然に結びて蝋とるるなり。又熟蜜をとる時、鍋にて沸せバ蜜ハ上に浮かび蝋ハ(ちう)に在り、(おり)は底にあり、是を()りひやしても自然に黄蝋に結ぶ。

ハチドットネット Copyrightc 2008 .Honeybee's history. All Rights Reserved